笑顔の女性
  • ホーム
  • 辛い生理痛を緩和させる方法

辛い生理痛を緩和させる方法

生理は血液と一緒に子宮内膜が剥がれることで起こります。
この時経血を押し出すために子宮が収縮、痛みが生じるようになります。
また生理前後はホルモンバランスも乱れがちであるため、全身の血流が悪くなり、腹痛以外にも肩こり・吐き気・むくみなどの症状が出ることもあります。

このように生理痛は子宮の収縮・血流の悪化によって起こります。
そのため生理痛を緩和させるためには、これらの原因を取り除くことが重要となります。

そこでまず有効な方法としておすすめするのが、入浴です。
湯船につかって身体を温めることにより、全身の血流が良くなります。
また体を温めると筋肉の緊張も和らぐため、子宮の収縮による痛みを抑えることもできます。
ただし、人によっては生理中に湯船につかりたくないという人もいるかもしれません。
その場合は足湯で温めるだけでも効果は期待できます。

また体を温め、血流を促進する方法としては、ストレッチも有効な方法です。
身体を適度に動かすことで、血流が促進され、筋肉の緊張をほぐすことができます。
特に下半身は重力の関係で血流が悪くなりやすいため、腰回しや足上げなど、下半身を意識したストレッチを積極的に行うようにしましょう。

なお、生理痛の緩和には漢方薬も有効とされています。
漢方薬には血行促進作用・イライラを抑える作用があるものがあります。
例えば「当帰芍薬散」や「桂枝茯苓丸」には血のめぐりを良くする作用があると言われています。
「加味逍遙散」は緊張を和らげ、自律神経を整える作用があるため、痛みを軽減させることができます。

そして血流の悪化・子宮の収縮による痛みはホルモンバランスの乱れも関係しています。
生理前後は分泌される女性ホルモンのバランスが変わります。
特に女性ホルモンの一種、エストロゲンは生理の時に分泌が減りやすく、痛みにつながる原因になります。
そこで大切なのが、食べ物でエストロゲンを補うことです。
食べ物の中でも大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをするとされています。
生理中は大豆イソフラボンを積極的に摂取することで、ホルモンバランスの乱れによる血流悪化・痛みの発生を和らげることができます。

ピルは生理痛緩和の効果がある

女性は一定の周期で卵子を放出、受精卵が出来た時に育てられるよう、子宮内膜が分厚くなります。
そして受精卵が出来なかった場合は、古い子宮内膜も要らなくなるため、経血と一緒に排出されます。
この状態が生理です。
この時経血・古くなった子宮内膜を追い出すために子宮が収縮するため、生理痛が発生するのです。

そして生理痛を緩和させる方法のひとつとして挙げられるのが、低用量ピルです。
低用量ピルを決まったタイミングで服用すると、身体は既に妊娠していると勘違いします。
すると排卵が起こらなくなるため、避妊薬として利用されます。

ここで大切なのが、低用量ピルの働きです。
低用量ピルを服用すると、排卵が起こらなくなります。
排卵が起こらなければ、受精卵ができる可能性もないため、子宮内膜を厚くする必要もなくなります。
さらに子宮内膜が薄いままだと、排出するために必要な血液の量も少なく済みます。
排出する量が少なくなれば、排出するために必要な力も少なくなるため、子宮の収縮する力も弱まり、痛みも軽減されるのです。

なお、生理痛の原因としては「プロスタグランジン」と呼ばれるホルモンも関係しています。
このホルモンは子宮の収縮を助け、妊娠時には陣痛を促す働きがあります。
そのためこのホルモンが過剰に分泌されると、子宮が強く収縮しすぎてしまい、痛みにつながる原因となってしまいます。

低用量ピルを服用すると、プロスタグランジンの分泌を抑える効果も期待できます。
なぜなら卵子が放出されなければ、その後陣痛を引き起こす必要もなくなります。
子宮の収縮を促進するホルモンの分泌が減るため、生理痛も起こりにくくなるのです。

ただし、低用量ピルはタバコを1日15本以上吸う人は服用できないなど、いくつか決まりもあります。
もし利用する場合は、必ず医師に相談してからにしましょう。

関連記事
人気記事一覧