笑顔の女性
  • ホーム
  • 超低用量ピルのヤーズの副作用は?

超低用量ピルのヤーズの副作用は?

「ラティース」は世界ではじめてFDA(米国食品医薬品局)が医薬品として認可したまつげ育毛剤です。
一般に市販されているものとは違い、医薬品として様々な臨床試験を繰り返して安全性を確かめて、十分な効果が確認されていますので安心して利用できます。
ただ医薬品なので副作用もあり、事前に起こりやすい症状を知っておくと対処がしやすくなるので覚えておくと安心です。
その他に塗り方も大切になってきて、正しい方法を学んでおくとトラブルを起こさずに済みます。

ラティースの効果は上まつげの根元部分に塗ると、まつげを濃く・太く・長くする作用があります。
本来はまつげ育毛剤ではなく、睫毛貧毛症に用いる医薬品です。
日本国内で承認されている点眼液に入っているビマトプロストを含有しており、まるげの毛包に作用することで毛周期における成長期を延長させます。

使い方は1日1回就寝前に上眼瞼辺縁部の睫毛基部に塗布して、塗り方は片方ずつ1滴を付属しているアプリケーターに滴下して使っていきます。
アプリケーターは衛生的な観念から使い回しではなく、使い捨てにしてください。
ラティースは発毛可能な毛包が存在しないと有効性が期待できませんので注意が必要です。

副作用は結膜充血・眼脂、眼乾燥・点状角膜炎・眼瞼紅斑・眼瞼そう痒症などがあり、目に異常を感じた時は使用を中止して、すぐ眼科医に行って診察を受けることが必要です。
充血程度と思うかもしれませんが、使い続けると重症になる可能性があるので、早めの決断と対処が大切になります。
またまぶたに液が付いてしまうと色素沈着が起こるので、この時も早めに専門医の診察を受けてください。

ラティースを医薬品ではなくまつげ育毛剤として使用した時に、もっともトラブルが多いのがまぶたの色素沈着です。
防止策としては面倒がらずに専用アプリケーターを利用してまつげの根本に塗っていく、これが大切なポイントになりリスクが回避できます。

ラティースはどうやって手に入れるの?

ラティースは医薬品に分類されており、日本ではドラッグストアなどで購入することは不可能です。
入手方法は眼科医や美容皮膚科などのクリニックを受診して処方箋をもらいますが、目の異常から医薬品として求める時は保険が適用されますが、美容皮膚科などでまつげ育毛剤の場合は保険適用外となるので、高額になります。
ラティースは使い続けると効果がありますが、やめると元に戻ってしまうので持続するのが重要です。
そのためには価格も注意が必要で、クリニックを頼らず通販を利用するとリーズナブルな価格で求められます。

注意点としては医薬品の購入は法律上で面倒な部分が多く、正規品ではなく偽物を掴まされることも多いです。
インターネットは簡単に商品を見つけ出して取引できますが、実際の製品を目で見て確認することができませんのでトラブルも多くあります。
特に医薬品の場合は説明が難しく、英語が堪能でないと厳しい場合があり、特に気を付けたいのは体に使うもので副作用が大きいといった問題が起こる可能性も出てきます。
信頼性のあるところで購入しなければいけませんが、見極めは難しく、他の方法を考えた方が安心です。

そこでおすすめは個人輸入代行業の利用で、同じ通販でもプロが責任を持って仕入れているので安全性は高く、信用できるところを見つけると安心して利用できます。
費用面もクリニックの保険適用外で購入するよりも安価となっており、輸入が必要となるのでやや時間はかかりますが安全です。
まつげの根元に塗って使用するものですから、安さよりも安全性が重要になり、正規品を手に入れることが求められます。
そのため個人では難しい時には、代行業を利用するといいです。

関連記事