笑顔の女性
  • ホーム
  • 更年期の治療に用いられるクリマラの効果

更年期の治療に用いられるクリマラの効果

笑顔のお年寄り女性

更年期の治療に用いられるクリマラは、貼るパッチタイプのホルモン補充薬になります。
一回貼り付けると一週間効果が長続きして、肌から有効成分を吸収していくので、経口タイプの錠剤と比べて時間がかかるので体に優しいです。
ゆっくりと吸収していくことで、体内のエストロゲンの濃度の急激な上昇を防いで、肝臓に負担がかかりにくく副作用も現れにくいとされています。

クリマラの効果は更年期障害として出やすい、多汗・ほてり・のぼせ・動悸・息切れ・骨粗しょう症などを改善します。
女性ホルモンであるエストロゲンは更年期や卵巣機能の低下によって分泌量が急激に低下すると、女性の身体にさまざまな不調が出てきます。
クリマラの有効成分エストラジオールはエストロゲンの一種で、肌に貼ると不足分をゆっくりと補充していき、女性の身体に起こるさまざまな不調を改善するのでおすすめです。

錠剤ではなく貼り付けるパッチタイプなので正しい使い方を知ることが重要で、間違った貼り方では効果が薄くなってしまいます。
いくつか注意点もあるので、事前に確認することがトラブルを防ぐために必要です。
使い方ですが特に貼り付ける箇所は限定されておらず、下腹部や臀部、背中などに貼り付けていってください。
一度貼ったら一週間は持続しますが、途中で剥がれてきた時には日数を気にせず、新しく貼り直します。
ポイントとしては次に貼る時は違うところにした方が、皮膚トラブルを回避できます。

気になる副作用ですが、貼ったところにかぶれや痒み・蕁麻疹ができることがあり、他にもめまいが起こる、まれに血栓症が起こることがあるので注意が必要です。
ほとんど起きませんが、手足の痛みやしびれ、激しい頭痛や胸の痛みといった症状が現れた時はすぐに医師の診察を受けてください。
クリマラは女性ホルモンを促す薬なので、過去に乳がんにかかったことがある人、または現在進行中の人は慎重に服用する必要があります。

クリマラの入手方法は?

クリマラは効果がとても高く、しかも副作用が少ないのが魅力です。
しかし現在のところ日本国内では非承認であり、一般の薬局やドラッグストアなどで購入することはできなく、そのため個人輸入のみで購入が可能になっています。
個人輸入とは海外で販売されている医薬品を個人で輸入することで、クリクマ50は法律的に認められていますので、医師の処方箋がなくとも法律違反にはならないので安心です。
ただ医薬品の場合は通販をする時に手続きが面倒なものとなってしまうので、すべてを請け負ってくれる個人輸入代行業を利用するのがおすすめになります。

ここで大切なポイントは個人輸入業者の見極めとなり、中には悪質なところもあるのでしっかりと見極めることが大切です。
信用できる会社を選んで利用することが必要になり、この時に海外の医薬品メーカーの100%正規医薬品を輸入している業者を選ぶと安心できます。
医薬品は体に使用するものですから、リーズナブルに求められるというのも大切ですが、安全性がもっとも大切です。
個人輸入の医薬品は厚生労働省の認可外の薬ですから、説明されている他にも副作用が出るリスクも存在しています。
そして副作用が出た時には個人の責任となりますので、しっかりと説明を読んでから利用してください。

個人輸入業者の見極めは扱っている内容の他に、口コミを見ると安心です。
サイトから通販として購入しますので、実際に見ることができないので信頼できる業者を見つけ出すことが大切になります。
また国内未承認の薬なので薬価が決まってなく、販売しているサイトによって価格が異なっているのが特徴です。
事前に情報収集をして安全性を見極めて求めると、安心して利用できます。

関連記事