笑顔の女性
  • ホーム
  • 低用量ピルであるマーベロンの効果と飲み方

低用量ピルであるマーベロンの効果と飲み方

マーベロンは経口避妊薬です。
第3世代に分類される、低用量ピルで、有効成分に卵胞ホルモン「エチニルエストラジオール」と黄体ホルモン「デソゲストレル」が使用されています。
マーベロンには21錠タイプと28錠タイプが販売されており、28錠タイプの場合22錠から28錠はプラセボ(偽薬)になっているので、これで薬の服用を休む期間をわかりやすくします。
マーベロンはホルモン量を抑えて高い避妊効果を発揮する、服用しやすい低用量ピルになっています。

気になる、避妊効果は正しく服用さえすれば100%に近い確率で避妊する事が出来ます。
マーベロンを服用すると、エチニルエストラジオールとデソゲストレルが作用し体内の女性ホルモンのバランスが変化します。
服用すると排卵後のホルモンバランスと同じような状態になり、脳が排卵後と錯覚し排卵が起こらなくなるという仕組みです。
こうなると妊娠はしません。
またマーベロンの効果は避妊効果だけではなく女性のメリットになる効果があります。
生理中の腹痛、他の痛みの軽減や、乱れてしまった月経周期を正常に戻すという効果です。
また、継続服用によるがんリスクが軽減するともいわれています。

マーベロンの服用方法は、生理が始まった初日に(開始から24時間以内)服用を開始します。
用量は、一日一回1錠でピルシートの最初から順番に、水またはぬるま湯で服用していきます。
服用するタイミングは自分で決めて構わないですが、必ず決めた時間で飲むようにする事が重要です。
日によって、あいだを縮めてしまったり、開けすぎたりすると避妊効果が維持できません。
これはマーベロンに含まれる女性ホルモンの量が1日分しかないためです。

マーベロンは市販されていません。
購入するには医師から処方してもらう必要があります。
ただ、その都度、産婦人科で処方してもらうのは、時間もかかりますし診察代などお金がかかります。
そんな時、安く済ませたい場合は、個人輸入代行の通販業者を利用すると購入できるのでそちらを利用するのも便利です。
通販の場合だと診察代もかからなく、時間とお金を節約する事が出来ます。

マーベロンの副作用は?

マーベロンも薬ですので副作用はあります。
主な副作用として、吐き気・嘔吐、頭痛、下痢、倦怠感などがあります。
副作用の報告はそれほど多くないのでそれほど神経質になることは、ありませんが症状があまりにも大きい場合や、飲むたびに異変を感じるようであれば、ただちに服用を中止し、なるべく早く医師に相談するようにしましょう。
また服用により、ニキビが出来やすくなったり、肌荒れしやすくなったりする場合もあります。

重大な副作用は、血栓症(肺や脳、網膜等)や麻痺、視力障害などがあります。
下肢の急激な痛み、腫脹、突然の息切れ、胸痛、動悸、突然の激しい頭痛、四肢の脱力感・麻痺、言語障害、などの症状があらわれた場合は、ただちに服用を中止し医師の診察を受けてください。
ただしこちらもそれほど多くの報告はあるわけではないのでそれほど神経質になる必要はないでしょう。

軽度の腹痛や軽度の不正出血、軽い頭痛や、吐き気などはすぐに治まるようであれば問題ありません。
しかし服用の度に症状が重くなる場合などは、アレルギーや重篤な副作用の兆候が考えられますし、薬自体が合わないことも考えられるので、この場合も早めに医師に相談することをおすすめします。

また酷い下痢や嘔吐があった場合は体内から成分が流出してしまうため避妊効果がなくなっている事が考えられるので、その場合は服用を中止し次回の整理開始日から改めて服用開始するようにしましょう。

マーベロンの副作用がおきやすいタイプの人もいます。
それは喫煙する人であったり、血栓性静脈炎や肺塞栓症などの症状があったりする方です。
このような方がマーベロンを服用すると血栓がおきやすくなるため、服用しないほうがいいでしょう。
また年齢が高い場合はさらにそのリスクは高まります。

関連記事